« ”勤勉と和” | トップページ | うれしいのに切ない再会 »

神戸の三宮に

3月8日(日)

神戸の三宮駅から徒歩10分のところに、とっても立派なイスラムの礼拝所、モスクがあるそうです。見たことある方、いらっしゃいますか?アチェに来るまでは、イスラムについてほとんど何も知らなかった私。日本にモスクがあることどころか、ムスリム(イスラム教徒の人)がお祈りする場所がモスクだということすら、よく分かっていなかった私。「ナギサ、日本にはムスリム(イスラム教徒)はたくさんいるのか?何人くらい?」とお父さんに聞かれたことがあります。その時は、「わからないけど、もしいても、少ないと思う。」としか答えられなかったのですが、最近読んだ本によると日本のムスリム人口は、およそ7万人あまりで、まだ増加傾向にあるそうです。

日本で、イスラムと聞いてイメージするのは「テロ」や「イスラム原理主義」という言葉ではないでしょうか?けれど、このイメージは完全に間違っています。「イスラムはテロや戦争を容認するような宗教じゃない。アメリカ同時多発テロを起こしたのは、イスラムの教えを間違って解釈した人たちだよ。」とインドネシアに来た頃、ムスリムの友人が教えてくれたことがあります。

|

« ”勤勉と和” | トップページ | うれしいのに切ない再会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

神戸のモスクは、あの大震災のときも崩れることがありませんでした。
私も何度か訪れたことがあります。
モスクの道向かいには、ハラルの食品を扱うお店もあります。
私は今日本の看護師の国家試験の合格をめざしているインドネシアの二人の看護師と一緒に日本語学習をしていますが、一人はプロテスタントでもう一人はムスリムです。仲良く楽しく真剣に勉強しています。

投稿: 杉原貞二郎 | 2009年3月15日 (日) 21時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神戸の三宮に:

« ”勤勉と和” | トップページ | うれしいのに切ない再会 »