« アチェ×東北 | トップページ | イブ インドネシア »

くいだおれの町

2011年11月21日(月)

今日は子どもたちの大阪観光の引率に行ってきました。昨日は活動報告がメインで、あまり子どもたちとゆっくり話す機会がなかったので、とても楽しみに出掛けました。

まずは大阪観光の前に、在大阪インドネシア共和国総領事館へ訪問。とても長い時間をかけて、お話させていただくことができました。子どもたちも東北での感想をしっかり話してくれたり。これからは、日本とインドネシアが防災の面で協力できるといいねという話も出ました。

そしてその後はみんなで心斎橋をプラプラ。
Dsc_0340_2
色々お土産を探すのですが、欲しいのがあっても値段がネックになってなかなか手が出ない…。なので100円ショップへ!!「このお店の商品はぜぇーんぶ100円だよ」って言ったら、やっと目をキラキラさせて選んでくれてました。

日本的なものが欲しいというので、食器コーナーでプラスチックの味噌汁用のお椀とか、お盆とかを薦めてあげたら、これがみんなの心をガッツリつかんで、たくさん種類もあるし選ぶのにかなり時間がかかりました(笑)あとは、お箸も喜んでました。

「アチェに帰ったら、この器とお箸でインドミー(インドネシアの有名なインスタント麺)を食べる」と大喜びでした。

そして大阪の味たこ焼き。
Dsc_0342
口に合ったようで、おいしそうにたくさん食べてました。なぜか、先に中のタコだけ食べてたけど…。

くたくたになったけど、いい時間になりました。

私は残念ながらこの日で、みんなと会うのは最後でした。みんなは次の日、念願のUSJに行って、その後アチェへの帰路へ着きました。

次会えるのはいつだろう。「先生!アチェにいつ戻ってくるの?」という質問にいつも胸が痛いです。いつかまたアチェで会えるチャンスが来るかな?

|

« アチェ×東北 | トップページ | イブ インドネシア »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今年はインドネシアの看護師さんたちのためにすべての時間を使って国家試験受験のお手伝いをしています。何人合格するだろうか。結果は残酷だけど、やはり何人かしか合格しない。そのためにやれることは厚生労働省にもいき、日々の学習も時間と場所を問わずに支援しています。ですので、来年は骨休めの時間をインドネシアですごす予定です。

投稿: 杉原貞二郎 | 2011年11月24日 (木) 21時05分

ご苦労様でした。
東北では子供達も緊張気味だったけど大槌町に行く峠で雪を見て大はしゃぎ、バスを降りて雪を触ってまたはしゃぎ、
一番喜んでいたのはパクワさんでした。
22日に京都駅で新幹線の窓越しに見送りました。私がおみあげにあげた「じんべ」をパクワさんが新幹線でも着てました。晃月庵でも着てたのをカコちゃんが見て、アチェの知事さんへのおのみやげとして買って欲しいと言われたので買って京都駅で渡した訳です。
石居さんも頑張って頂いたので感謝です。
多くの人に支えられた東北訪問でした。

投稿: 玄武 | 2011年11月29日 (火) 00時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: くいだおれの町:

« アチェ×東北 | トップページ | イブ インドネシア »