« くいだおれの町 | トップページ | 天の気 »

イブ インドネシア

2011年12月15日(木)
この前の日曜日ウィナさんから、久しぶりの電話。「ナギサ、apa kabar?月曜日、ママが来るよ」「え?誰??」「ママ」「えーー!!ホントに?!日本に来るの?!」ママが来るってちゃんと聞こえてたはずだったけど、想定外実現不可能夢のまた夢なことだったので、私の脳は「聞こえない」と処理したようでした(笑)

アチェでのホームステイでは、本当にお世話になったお母さん。私を3番目の娘として本当にかわいがってくれました。私がラビラビの運転手にいやがらせされた時は、「その運転手、捕まえる!!」と本気で怒ってたし、メダンまで格安のバスで行くと行った私に、「危ない(いろんな意味で)から、やめときなさい」って本気で心配してくれました。と、まぁ、思い出を振り返ればきりがないのですが。
お母さんは昨日、奈良女子大学で授業をすることになっていて奈良まで来てくれました。奈良で再会できたのも、ほんとにうれしかったです。一緒に豆腐料理を食べに行きました。綺麗な盛り付けや味付けにお母さんは喜んでくれて、お腹いっぱいといいながら完食してくれました。
ジーやアムル、そして私が帰国する1ヶ月前に生まれたルプナの写真を見せてもらったり、動画を見たときは愛しすぎて会いたくて会いたくて泣きそうになりました。思い出話をいっぱいして、奈良女子大学での授業にも参加してきちゃいました。アチェの生活を紹介する授業だったんだけど、食べ物とか懐かしくて食べたくなりました。
今、Air Asiaならマレーシア経由で時短格安往復4万円でアチェまで行けるらしいです。私の部屋はまだあるらしいし、行きたいなぁ。会いたい人と食べたい食べ物がいっぱいです。

|

« くいだおれの町 | トップページ | 天の気 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イブ インドネシア:

« くいだおれの町 | トップページ | 天の気 »